#4 Ideas of life,  stayhome,  雑談

コロナ期間中の免許更新延長手続きが面倒すぎる(愚痴)

コロナウイルスの関係で免許証センターが閉まっているのはご存知でしょうか。

全国の緊急事態宣言が出て、免許センターがどこも閉じているそうです。そこで運転免許証の有効期間の末日が7月末までの方は、運転免許の有効期間の延長が可能です。

 

私はこの期間の対象になるのですが、この連絡自体は通知されないんですよね。私は旦那さんが「SNSで友達が言っていた。しゅぴ子も来月までだよね?」ということで教えてくれました。

この措置が決まったのが2020年4月末なので、まぁ文句は言いませんが、テレビとかでももっと教えてくれたらいいのに・・・知らない人もいるのでは、と巷では話題に。

 

 

 

ということで、延長手続き方法をみると・・・なんと面倒くさい!北海道だけでなく、ほとんど全国で同じやり方なのですが、「更新開始手続き開始申請書」を免許センターに提出する必要があります。

 

すると免許センターからシールが送られてきて、それを貼り付けしておくことで、措置を受けているという証拠になり、有効期限が過ぎても3ヶ月運転できるそうです。

 

もうこの時点で「なんで免許更新手続きの案内ハガキの送り先に一斉にシールを送らないの・・・?」と困惑。この非常事態に、こちらの都合でないのに有効期限までに申請書を提出しろって・・・。

全国どこも免許センターで更新手続きできないなら、センターの更新手続きが休止した以降の人は全員一律で読み替え措置を出せばよかったんじゃないの・・・?

 

しかもね、都道府県にもよるけど、ほとんどが簡易書留で郵送しろと。そして返信用封筒にも簡易書留の切手代(404円分)を貼れと。この措置のために合計808円分の切手を買えと。封筒も2枚用意しろと。書類も用意しろと。

 

繰り返すけど、国の緊急事態宣言を受けて免許センターが更新業務を休止しているから私たちは免許の更新ができないんだからこれは不可抗力では?

 

なーんで808円もこっちが負担しなきゃいけないんだよ・・・。そのお金あったら普通に居酒屋でお弁当テイクアウトできるんですけど。あと切手を買いに行く手間も面倒。外出を控える時期に切手は買いに行かせるのかよぅ。(愚痴がとまらない)

 

更新業務が中断しているのに、免許センターの人たちはこの事務作業も発生しますよね。郵便を受け取って、内容チェックして、不備があれば送り返したり、シールを送ったり。

 

なんかね、全くもって理解できないねー・・・(白目)お役所感的な発想がすごいよね。仕事を減らそうよ。発想を変えようよ。楽にやろうよ。なんかすっごい無駄な感じがして、やる気がおきないですね。。

 

と愚痴愚痴言っても、私の更新の有効期限も迫ってきているので、来週には郵送したいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です