#1 Introduction

 

プロローグ:今の私を創った言葉

私の人生が大きく変わりだしたのは、2005年。

当時16才にして1年のアメリカ留学へ行きました。英語力は、実は交換留学プログラムで求められていた留学基準スコアより下回っていて、やる気があるから大丈夫だろうということで行かせてもらえていたぐらい。しかし実際に現地のハイスクールに行けば困難の壁の連続。

おかげさまで授業はわからない、友達はできない…クラスではお金を盗まれたことも!

 

当時乗っていたスクールバス

 

そんなある日、出会った言葉。

 

「Make the great day, or not. The choice is yours!

 

(いい日を作るか作らないかは、自分次第!)」

 

この言葉は、毎朝校長先生が全校放送で連絡事項のあとに言っていた言葉でした。

私がそのとき気づいたのは「自分が動かないと何も変わらない」ということ。待っていても誰かが話しかけてくることもないし、英語力があがるわけでもない。

 

それからの私は、「1日1回、自分から誰かに声をかけよう」「先生の言っていることをわからなくても頭の中でリピートしよう」と何かしらの努力と行動をするようになりました。そのうち、少しずつ友達ができ、英語も聞き取れるようになってきました。

 

私の1年間の留学は、語学力を鍛えたことより、こうして主体的に行動することが自分の基盤になったことや、様々な価値観に触れてこれまでの暮らしの中で築いていた固定概念を崩せたことが、何よりの成果でした。

 

時は流れて…15年。

私は30歳になりました。

あれからずーっと、一つの価値観に縛られず、自分自身で道を切り開く性格でした。そして九州出身なのに就職先は北海道。旦那は21歳年上。しかも入籍せずに事実婚を当面は選択。何一つ、私が予想していた未来とは違いました。(笑)

 

でもそれは何か血迷ったわけではありません。

自分で考えて、選択して、責任を持って、選んだ未来です。

今、とても優しくて理解のある旦那さんと北海道で暮らせてとても幸せですよ。人とは少し違っていたり、選択する内容は大胆かもしれないけれど、自分らしく生きていくためにした選択です。

 

人生にトッピングをのせて豊かに

選択の数は、多ければ多いほど、迷いもあるけど希望が生まれます。

カレーライスでも自分で好きなトッピングを増やしていけば美味しくなりますよね。

我が家のグリーンカレー

他人からは「カレーに納豆をトッピング?ありえない!」とか言われることもあるかもしれません。でも、自分は美味しいと思うならそれをやめる必要はないんです。

「え、納豆トッピングは変かな…」と自信がなくなっても「私も納豆トッピング好きだよ!」って人がいれば「そうだよね、いいよね!美味しいよね!」と思えますよね。

逆に「納豆のトッピング!考えたこともなかった!…やってみようかな?」と思う人も出てくるかもしれません。

 

このブログはそんなふうに「人生ってこういうものと思ってたけど、そんな選択肢を考えてもみなかったけど…それもいいね!」「私も取り入れてみよう!」と思ってもらえるきっかけになればいいなと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

Check it out!

このブログの目的

私たち夫婦のプロフィール